マイクロスコープ精密治療|船橋駅3分の歯医者・歯科医院|川手歯科医院

JR船橋駅3分

船橋歯科医師会加盟

キッズコーナー

歯周病認定医

お問い合わせ・ご相談

047-422-2878

千葉県船橋市本町1-26-19船橋駅シャポー口3分

マイクロスコープ精密治療

20倍の拡大視野による精密治療

高度な精道治療

川手歯科医院では、肉眼の20倍まで視野を拡大せきるマイクロスコープを活用しています。細部にまで目が行き届くため、処置の正確性が増し、仕上がりも美しくなります。そんな精密治療ご希望の方は、川手歯科医院までご相談ください。

歯科用マイクロスコープってなに?

歯科マイクロスコープ歯科用マイクロスコープとは、歯科用顕微鏡とも呼ばれる装置で、肉眼の20倍にまで視野を拡大することが可能です。歯というの、とても小さい組織で、そこに生じる病変はさらに微細な構造を呈しています。そこで歯科用マイクロスコープを活用することで、患部の見落としや処置の誤りを未然に防ぐことが可能となります。肉眼だけに頼ることのない、精度の高い歯科治療を実現するため、昨今では歯科用マイクロスコープを導入する歯科医院が徐々に増えてきています。

歯科用マイクロスコープならこう見える!

歯科マイクロスコープの世界

上の画像は、肉眼による視野と、マイクロスコープによる視野を比較したものです。専門家でなくても、その違いは一目瞭然かと思います。歯科治療において、見えるか見えないかの違いは、治療の精度を左右する、最重要ポイントのひとつといえます。その違いが、患者さまの5年後、10年後のお口の健康にまで大きな影響を及ぼすのです。

歯医者は「見えるものしか治療できない」

人間が裸眼で識別できる限界域は、0.2mmと言われています。どんなに目がいい人でも、この限界に変わりはありません。同時に、歯医者というのは「見えるものしか治療できない」のです。これはペンシルバニア大学歯内療法学科のSyngcuk KIM教授のお言葉ですが、間違いなく真理を含んでいます。ですから、知識や技術によって、治療精度をある程度まで高めることは可能ですが、そこにもやはり限界はあるのです。けれども、歯科用マイクロスコープを活用することで、私たち歯科医は容易にその限界を超えることができます。それくらい、歯科用マイクロスコープは素晴らしい装置といえるのです。

マイクロスコープを用いた奥歯のセラミックス治療をご紹介

奥歯に銀歯が入っている部分に痛みがあった方です。患者さまから写真に関してホームページへの掲載の許可を頂いています。

マイクロスコープ虫歯治療

拡大して見ると歯と金属の間に段差があるのがお分かりいただけると思います。段差があると言うことは細菌が入りやすいために、金属の中が虫歯になっていました。

肉眼ではわからない虫歯もマイクロスコープを使用すると見つかることが多々あります。

マイクロスコープ虫歯治療

金属の中が黒く虫歯になっていました。

マイクロスコープ虫歯治療

虫歯を取りました。マイクロスコープを用いて最小限の範囲の削る量で治療をしています。歯茎の下まで虫歯が進んでいたので、歯茎の処置をして確実に歯型が取れるようにしました。

マイクロスコープ虫歯治療

綺麗な歯を入れるために凸凹を補強します。なだらかな形成面になり、高い適合性が得られます。

マイクロスコープ虫歯治療

精密な歯型を取ります。シリコーン印象材を用いる事で変形が少なく高い精度で治療ができます。歯科技工士さんに綺麗な歯を作って頂きました。

マイクロスコープ虫歯治療

綺麗な歯が入りました。装着後に、マイクロスコープを見ながら隙間が無いように調整します。

マイクロスコープで拡大する事で精密な調整が可能です。

マイクロスコープ虫歯治療

引っかかりや段差がないようにします。再び汚れや細菌がついて、虫歯になるリスクがあるためにこの調整は非常に重要です。

マイクロスコープ虫歯治療

色も自然な白い綺麗な歯が入りました。虫歯も治り、綺麗な歯が入って患者さまは非常に喜んでいました。左の写真のように銀歯は金属の縁に段差ができやすいです。段差があると虫歯のリスクは高くなります。

マイクロスコープでチェックして見ませんか。

マイクロスコープの拡大視野による治療動画

マイクロスコープを活用することで、実際どのように歯科治療が変わるのかを、サージテル社の「拡大視野における歯科治療の重要性」という動画でご確認ください。非常にわかりやすい映像となっております。

マイクロスコープで可能となる低侵襲な歯科治療

歯質削除量を最小限に

歯質削除量を最小限化

マイクロスコープで視野を拡大すると、病変部と正常組織との境界が明らかになり、歯質切削を最小限に抑えることが可能となります。

精密根管治療で抜歯を回避

抜歯を回避

根管治療は、歯科用マイクロスコープの特性を最も発揮することができる歯科処置です。肉眼では見えるはずのない根管内の組織が可視化され、精密根管治療が可能となり、再発リスクや抜歯リスクが激減します。

マイクロスコープを活用することのメリット

導入している歯科医院はごくわずか

マイクロスコープの重要性

日本には今現在、歯科医院が7万軒ほど開業しています。その数は実に、コンビニエンスストアの約2倍です。そんな中でも、精密治療に有用な歯科用マイクロスコープを導入している歯科医院は、わずか5%以下となっています。つまり、歯科医院20軒のうち、1軒が導入しているかどうか、というのが現状です。ですので、船橋でもマイクロスコープを導入している歯科医院はそれほど多くはありません。その一方で、歯科用マイクロスコープによる精密治療を希望される患者さまは急増しています。当院では、そんな患者さまのご要望にお応えできる体制を整えておりますので、興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

船橋で歯科マイクロスコープ精密治療をご希望なら川手歯科医院まで

精密治療で歯を守りたい

川手歯科医院では、歯科用マイクロスコープを活用した精密治療を実施しております。船橋でもまだ導入している歯科医院が珍しいということもあって、多くの患者さまにご来院頂いております。マイクロスコープによる精密治療で、精度の高い処置を受け、歯の寿命を延ばしたいという方はぜひ、川手歯科医院までご連絡ください。

トップへ戻る