歯と歯の間の汚れはどうするべきか|船橋駅3分の歯医者・歯科医院|川手歯科医院

JR船橋駅3分

船橋歯科医師会加盟

キッズコーナー

歯周病認定医

お問い合わせ・ご相談

047-422-2878

千葉県船橋市本町1-26-19船橋駅シャポー口3分

歯と歯の間の汚れはどうするべきか

投稿日:2018年12月11日

カテゴリ:スタッフブログ

みなさんこんにちは!

歯科助手の加瀬です!

 


インフルエンザも流行ってきてる
みたいなので皆さま気をつけましょう!
朝夜の気温は4℃と冷え切った風が吹き寒いです・・・

1月2月はどうなってしまうんだろうと不安です。


そして話を本題の歯と歯の間の汚れをとるには!?

 

 

歯ブラシをどんなに頑張っても

歯ブラシだけでは落とし切れない汚れがあります!

力任せで落とそうとすると歯ぐきが傷づいてしまいます・・・

 

歯と歯のあいだの汚れはデンタルフロスや歯間ブラシを使い

フッ素入りの歯磨き粉を使うと虫歯予防になります(^o^)

 

 

こちらが歯間ブラシです。

サイズごとにより色が違います

サイズは歯周治療する際に歯科衛生士にもみてもらえます!

ぜひ自分に合ったものを使って歯と歯の間も隅々綺麗にしましょう。

 


 



そして定期検診が大事です!

自分では磨けているかと思っていたらわたしも磨けていない部分を

ついこの間発見してもらいました・・・

長く自分の歯を使って美味しい物を食べたいし

自分の歯を抜きたくない・大切にしたいからこそ

お口の状態を歯科のプロにみてもらう事が大切です!

放置し歯周病は組織が壊され、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。

日本人の40歳以上の約8割がこの病気に罹っています・・・

日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから

生活習慣病のひとつに数えられていますm(_ _)m

 

歯が抜け落ちないように歯のケアをしましょう!

 





冬ならではの料理は鍋!
鍋もよく食べますが...
越前ガニをこの間食べました!

 




みなさん冬の料理のオススメは
ありますか?



美味しい冬の料理を食べて
寒い冬を乗り切りましょう(^O^)




以上加瀬でした!

次回はホワイトニングについて書きたいとおもいます(^^)/

 

 

トップへ戻る