歯を抜かないための部分矯正|船橋駅3分の歯医者・歯科医院|川手歯科医院

JR船橋駅3分

船橋歯科医師会加盟

キッズコーナー

歯周病認定医

お問い合わせ・ご相談

047-422-2878

千葉県船橋市本町1-26-19船橋駅シャポー口3分

歯を抜かないための部分矯正

虫歯が歯茎の下まで進んでしまうと一般的には歯を抜かないといけません。

無理に被せ物を作ってもすぐに外れてしまいます。

 

しかし、「エクストルージョン」と言う部分矯正の一種を用いて歯茎の中から歯を引っ張り出すことで抜かずにすむ治療があります。

 

例えばイラストのように虫歯が進んだ場合

土台(青い部分)を作ると歯が一切見えていません。

これでは被せ物を入れても土台に力がかかり歯がすぐに外れてしまい抜歯になります。

 

歯茎から歯が見えていれば力は自分の歯にかかり被せ物は長持ちします。

この時、残っている歯は全周で高さ1mmが幅2mm以上残っていることが基準になります。

 

わずかな違いですが、非常に重要なポイントです。

 

では虫歯が歯茎の下まで進んでしまった時には抜かないといけないのでしょうか?

いえ、抜くことはありません。

「エクストルージョン」と言う部分矯正の一種を行うことで歯を抜かずにすみます。

針金とゴムを使用し、歯茎の中から歯根を引っ張り被せ物をしていく治療方法です。

 


実際に川手良祐が治療したケースをご説明します。

治療内容をホームページに載せることは患者さまの許可を得ています。


他院で抜歯してブリッジかインプラントと診断され治療相談に来られた患者さまです。

エクストルージョンをすることで歯を抜かずに治療することにしました。


隣の歯に針金を固定します。歯根にはフックをかけてゴムの縮む力で歯根を引っ張ります。

治療中は仮歯を入れるので見た目には支障ありません。

歯茎も一緒に付いて引っ張られるために歯茎の形の調整も行っています。


エクストルージョンの終了後はグラスファイバーとレジンで土台を作り、綺麗な被せ物が入りました。


根管治療が不十分(根管充填材料が不足)でしたので再根管治療も行いました。

もちろん隔壁やラバーダムを用いて治療を行っています。

 

治療の過程の写真です。

患者さまは抜歯せずに歯を入れることができたので非常に喜んでいました。

 

歯を抜いてしまうと元には戻せません。

川手歯科医院では様々な治療方法を用いて歯を抜かない治療を第一に考えて治療を行っています。

歯の治療でお困りのことがあれば、川手歯科医院までお気軽にご相談ください。

 

川手歯科医院

川手良祐

トップへ戻る