マイクロスコープを用いたなるべく削らない虫歯治療|船橋駅3分の歯医者・歯科医院|川手歯科医院

JR船橋駅3分

船橋歯科医師会加盟

キッズコーナー

歯周病認定医

お問い合わせ・ご相談

047-422-2878

千葉県船橋市本町1-26-19船橋駅シャポー口3分

マイクロスコープを用いたなるべく削らない虫歯治療

今回はダイレクトボンディング(レジン充填)で虫歯を治した治療をご説明致します。

患者さまには写真に関してホームページへの掲載の許可を頂いています。

右上の歯に痛みがある方でした。

左側は虫歯を取りきった写真です。レジン充填で見た目も自然に綺麗に治しました。

どのように治療したかをご説明致します。

 

元々は左側の写真のように虫歯が黒く透けていました。

削っていくと中に穴が空いていました。

マイクロスコープを見ながら最小限に削るように心がけます。

虫歯が取りきれたかどうかは「う蝕検知液」で虫歯の部分を染めて確認します。

何事も目で見てチェックすることが大切です。

虫歯を取りましたら、ラバーダム防湿を行います。

レジン充填でもラバーダムを行うことで唾液が入らずに適切な接着操作が可能になります。

マイクロスコープで見ながら隙間なくレジン充填を行います。

最後に噛み合わせを調整し、ピカピカに研磨して治療終了です。

フロスが引っかからないようにするもの大切なポイントです。

一般的には銀歯で治す場合もあるかもしれませんが、川手歯科医院ではなるべく歯を削らずに治す治療を心がけています。

 

川手歯科医院

院長 川手良祐

トップへ戻る